羽田空港

羽田空港は1931年8月25日に「東京飛行場」として正式開港以来、日本最大かつ東京、首都圏を代表する空港で、2014年現在、世界の空港の中で5番目に旅客数の多い空港となっている。日本航空と全日本空輸、スカイマークの国内線ハブ空港である。
皇族や内閣総理大臣などが政府専用機を使用する場合や、国賓や公賓が専用機や特別機で訪日する際はほとんどの場合、羽田空港を使用する。これは羽田空港の方が成田空港より都心に近く沿道の警備が容易なためである。このため、専用施設としてVIP機専用スポット (V1・V2) や旅客ターミナルビルとは別棟の中に設けられた貴賓室がある。
日本では数少ない24時間運用が可能な空港の1つであるが、深夜から未明の時間帯にかけては国際線や貨物便が発着するのみとなっている。国内線の各旅客ターミナルビルの開館時間は、定期便の運航時間帯に合わせ、第1旅客ターミナル・第2旅客ターミナルとも5:00 – 24:00ごろとなっている。国際線ターミナルビルの開館時間は24時間である。